模型製作記

タミヤ 1/35 アキリーズ 製作記その8 「足回り、車体の仕上げ」

こんにちは!

アキリーズ製作記その8、今回は足回りと車体のウェザリングの仕上げに入ります。

ボギーのウェザリング

前回少しだけウェザリングを行ったボギーを仕上げます。

前回までの状態。リアルサンド+ウェザリングペーストマッドホワイトで泥の蓄積している感じを出しましたが、このままでは色が明るすぎるのでどんどん暗くしていきます。

まずはウェザリングペーストマッドブラウンを置いていきます。

下地の明るい泥が完全には隠れないようにポイントを選んで置いています。

そこから溶剤を含ませた筆でぼかしていきます。

こんな感じに。

これだけでも大分色味が変りましたね。

ここからさらにウェザリングカラーグランドブラウンで暗い色を付け足します。

ここでもマッドブラウンの色が隠れてしまわないようにピンポイントで置いていきます。

こんな感じになりました。

ディティールを強調しながら、暗い泥の質感を演出することができました。

実車と比べると色々と誇張気味かもしれませんが、模型的な見栄えはばっちりです。

足回りは泥跳ねも多いので、ウェザリングカラーサンディウォッシュを筆に含ませて飛沫表現を行います。

いわゆるスパッタリングです。

べちょべちょになりました。

スミの部分に再度グランドブラウンを染み込ませ、飛沫表現でボヤっとしてしまったディティールを引き立たせます。

これでボギーのウェザリングは完了です。

中々いい感じですね。

転輪と合体

いよいよボギーと転輪を合体させ、足回りを完成させます。

転輪は接地面をサンディウォッシュでウォッシング。

ゴム転輪の接地面はどう汚すか悩みましたがとりあえずこんな雰囲気に落ち着きました。

回転する方向に沿って線を付けるように泥汚れを施しています。

仕上げにサンディウォッシュでスパッタリング。

最近まで指で弾いていましたが、調色棒で弾いたほうが飛沫のコントロールがしやすいですね。

ようやく転輪が完成です。

丁寧に進めた分かなり満足のいく仕上がりに。

転輪のウェザリング、ハマってしまいそうです。

ここでボギーと合体。

さらに、ボギー上部にウェザリングペースト+リアルサンドの泥を盛りました。

一番泥が溜まりそうな部分なので盛り盛りにしています。

仕上げにウェザリングカラーグランドブラウンを染み込ませ、サンディウォッシュでスパッタリング。

足回りの完成です。

今までシャーマン系列のようなボギーを持つ車両のウェザリングはあまりしてきませんでしたが、色々と勉強になりました。

車体のウェザリング

続いて車体も仕上げます。

まずは車体下部側面、足回りの部分から。

初めにウェザリングペーストマッドホワイト+リアルサンドをポンポンと叩くように塗りました。

この部分は重力方向に流れる表現をするか迷うところですが、最近はこんな感じでこびりついた泥を表現する方向に落ち着いています。

そこからウェザリングペーストマッドブラウンを叩くように塗り、ぼかしました。

さらにウェザリングカラーグランドブラウンをランダムに塗り、

溶剤を含ませた筆でぼかして、

こんな感じに。

大体狙い通りの質感にすることができました。

仕上げにサンディウォッシュでスパッタリング。

常時泥を被っている足回り付近では、見栄え的にも説得力を出すのにも飛沫表現は効果的ですね。

車体底面も勢いに乗って汚しました。

一応進行方向に沿って泥の流れを付けましたが、実際はどんな感じなんでしょうね。

展示してもほとんど見えない部分なので、この場でしっかり汚しているアピールをしておきます(?)。

車体前面、フェンダー欠損部分のアクセントとして泥汚れを強調します。

まずはウェザリングペーストマッドホワイトを乗せ、

その上からマッドブラウン、さらにワンポイントとしてウェザリングカラーグランドブラウンを塗ってコントラストを付けました。

飛沫表現も加えましたが、見た目がごちゃごちゃしないようにマッドホワイトの一色のみで行っています。

グローサーの取り付け

ずっと接着してこなかった車体側面のグローザーですが、ここで接着しておきます。

取り付け部分にウェザリングカラーサンディウォッシュでホコリ表現。

見えづらい部分ですが丁寧に汚しておきます。

そして接着。

こういうOVMなどがあると仕上がりが単調にならずに済むので結構助かります。

のんびり進めてようやくもう少しというところまで来ました。

この完成間近の時が模型を作っていて一番楽しい時かもしれません。

最後まで楽しみながら進めていきいます。

それでは今回はこの辺で。

次回、最終回です!

アキリーズ製作記 目次

  1. 「製作開始!」
  2. 「車体、砲尾の組み立て」
  3. 「組み立て完了」
  4. 「塗装」
  5. 「マーキング塗装、ドッティング」
  6. 「チッピング、錆ウェザリング」
  7. 「スミ入れ、ホコリ、泥ウェザリング」
  8. 「足回り、車体の仕上げ」

最新の更新を
プッシュ通知で受け取りませんか?

RELATED POST