模型製作記

タミヤ 1/35 アキリーズ 製作記その9 「完成!」

こんにちは!

アキリーズ製作記、今回で最終回です!

履帯の仕上げ

ここまで全く手を付けてこなかった履帯ですが、ここで仕上げます。

全体をガイアカラーのジャーマングレーで塗装した後、ウェザリングペーストマッドホワイトでウォッシングしました。

とりあえずこれで泥汚れの下地を作ります。

そこからさらにマッドホワイト+リアルサンドでサイドコネクタ部分に泥を盛り付けて、

転輪同様にウェザリングペーストマッドブラウン、ウェザリングカラーグランドブラウンで仕上げました。

センターガイドにはメタルカラークロームシルバーをこすり付けて摩耗表現を行いました。

最後にマッドホワイトでスパッタリングして、履帯の完成です。

凹凸の少ない履帯はどう汚せばいいのか悩みましたが、案外それっぽくなって一安心です。

足回り完成

これまでじっくりと進めてきた足回りをいよいよ接着して完成にします。

起動輪、誘導輪も転輪と同じ工程で仕上げました。

段々この汚し方に慣れてきたのか、転輪より手早く済ませられました。

ようやく車体と合体です。

か、かっこいいではないですか。

構造的に足回りと履帯を同時に組む必要があったのですが、これが中々苦労しました。

ベルト履帯、経年劣化でちぎれたりしませんように。

最後の仕上げ

それでは最後の仕上げに入ります。

砲塔も車体同様にサンディウォッシュでホコリ表現をしました。

車体に比べてホコリ感を少し弱めています。

車体内部の床部分はウェザリングペーストマッドブラウン、ホワイトでそれっぽくウェザリング。

ここからウェザリングカラーグランドブラウンでさらに暗くしようかと考えましたが、乗員の靴がそこまでドロドロになっているとも思えないので止めておきました。

エンジンデッキは他同様サンディウォッシュでホコリ表現をしつつ、給油口部分はグランドブラウンでさりげなくオイル汚れを表現しておきました。

車体後部は特に泥、ホコリが巻き上がる部分なのでウェザリングカラー、ペーストで強めにウェザリング。

これでようやく本体の仕上げが終わりました。

フィギュアの仕上げ

組み立てから全く触れていませんでしたが、フィギュアの仕上げを行いました。

タミヤアクリルで下地塗装をした後、ファレホや油彩を使って、

こんな感じに仕上がりました。

今回は無理せずスミ入れなどで無難に仕上げました。

フィギュア塗装、二度目の挑戦ですが前回より少し上達した気がします(多分)。

フィギュアやアクセサリーを車体にセットして…。

完成!

完成です!

製作期間約3か月、体感的にはそこまで長いようには感じませんでしたが、意外と長い間作っていましたね。

最新のタミヤキット、組み立てから仕上げまでとても楽しく進めることができました。

それでは今回はこの辺で。

アキリーズ製作記、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

また次回の製作記でお会いしましょう。

最後まで閲覧していただきありがとうございます。

目次

  1. 「製作開始!」
  2. 「車体、砲尾の組み立て」
  3. 「組み立て完了」
  4. 「塗装」
  5. 「マーキング塗装、ドッティング」
  6. 「チッピング、錆ウェザリング」
  7. 「スミ入れ、ホコリ、泥ウェザリング」
  8. 「足回り、車体の仕上げ」
  9. 「完成!」

最新の更新を
プッシュ通知で受け取りませんか?

RELATED POST