模型反省会

模型反省会「ドラゴン 1/35 ”フェルディナント“」

こんにちは!

「模型反省会」は、僕が製作してきた作品の失敗した部分を分析し、今後の糧としていくコーナーです。

今回反省する作品は「フェルディナント」です。

僕自身、どこかダメな部分があるのか?と思うくらいの出来栄えだったのですが、ちゃんと失敗してました。

それではどうぞ。

緑の彩度

今回一番大きな失敗だったのはこれです。

緑が強すぎました

ダークイエローの基本塗装に比べて明らかに緑の彩度が高く感じませんか?

実際に見るとあんまりそうは見えないのですが、写真で撮るとはっきりわかります。

ダークイエローの彩度も上げるために色々頑張ったのですが、結局緑が強いのは変わりませんでした。残念。

錆のチッピング

続いては錆のチッピングです。

この作品を製作する中で思いついた油彩のバーントアンバーによるチッピング、かなりインパクトのある仕上がりになりました。

が、ちょっとやり過ぎました。

ここまで大胆に施すのは初めてだったので、ガンガン錆びさせてしまいました。

ですがこの辺の塩梅は好みですね。これはこれで好きです。

エッジ

バーントアンバーでのチッピングに加え、エッジに同じくバーントアンバ-でドライブラシを施していました。

これも全体がシャキッとした仕上がりになるので好きなのですが、やっぱりやり過ぎました。

角という角全てに線を入れてしまったので、ちょっとくどいかな~という感じです。

リアルかどうか、という点で見ても微妙なところです。

チッピングと同様、要所要所で主張しすぎないような使い方をするのが一番効果的でしょう。

後部マーキング

最後は後部マーキングです。

車体後部と側面のマーキングを見て、ちょっと違和感を感じませんか?

色味が全然違いますよね。

後部のマーキングのみデカールを使用し、側面はステンシルでマスキングして塗装で再現しています。

車体両側面にはステンシルを使えるだけのスペースがあったのでよかったですが、後部は凹凸のせいでステンシルが引っかかって使えませんでした。

後部まで塗装で再現できればよかったのですが、今回は断念。

ちなみに使用したステンシルはこちらです。非常に使いやすいので是非お試しください。

最後に

実はこの作品、とあるライターさんに批評していただく機会があり、その中でこの作品の改善点がどこにあるのかということをプロの視点から教えていただきました。

失敗という失敗が無いと思えた作品も、まだまだ経験、勉強不足だなと改めて思い知らされました。

今回の失敗集は、その方の批評を参考にして書いています。誠に感謝です。

今後も色々と試してたくさん失敗し、より良い作品を作っていきたいです。

最後まで閲覧していただきありがとうございます。

最新の更新を
プッシュ通知で受け取りませんか?

RELATED POST