模型反省会

模型反省会 「タコム 1/35 “キングタイガー極初期型”」

こんにちは!模型反省会、今回はキングタイガー極初期型を見ていきます。

実はこの作品、初キングタイガーでした。

初めての車輛、かっこよく作りたいと意気込んでいました。

それではどうぞ。

ウェザリング

はじめに、ウェザリングです。

この作品ではウェザリングは控えめに、油彩による塗装の深みを出すことに注力していました。

なので、主に施したウェザリングといえば、全体の茶系のピンウォッシュや、オイル汚れくらいです。

これはこれでそういう趣旨の仕上げなんだな、という感じで見れます。

が、試作車輌といえど、試験場は結構ドロドロな感じの地面になっていたので、走行、射撃試験などを行なっているのであれば、やはり泥汚れはついてしまうものです。

よりそれっぽい仕上げにするために、泥ウェザリングも施しておけばなおよし、でしたね。

色味

続いて、色味です。

明度高め、彩度高めの塗装を目指したのですが、完成してみると、ちょっと黄色味が強いように思います。

彩度も明度も、高ければいいというわけではないのが難しいところですね。

ハイライト

最後にハイライトです。

試験車輌ということでチッピングなどは行わず、その代わりに色の深みや別の手段で情報量を増やそうとしていました。

各部の凸部に施したハイライトもその一環です。

結構見栄えはするのですが、ちょっと白すぎますね。

ウェザリング、チッピングをしておけばまだ自然な見た目になっていたと思いますが、それらがないのでいかんせん目立ちます。

総評

こんな感じで、色々と挑戦的な作品でありました。

より模型技術の経験値を獲得するためには、新しいことをどんどん取り入れていくしかありません。

失敗を恐れない姿勢が前へと進む力になってくれるのです。

本作は失敗したことも多かったですが、同時に、得られたことも多かったです。

キングタイガー、また作りたいですね。

それではまたお会いしましょう。

最新の更新を
プッシュ通知で受け取りませんか?

RELATED POST