模型反省会

模型反省会「ドラゴン 1/35 “パンターG型”」

こんにちは!模型反省会、今回はパンターG型を見ていきます。

真っ赤なパンターが作りたいという動機で製作を始めましたが、当時習得し始めていた技法をより進化させるべく製作した作品でもあります。

それではどうぞ。

塗装

始めに塗装です。

この作品は、前作のキングタイガーに続いて2度目のヘアースプレー技法を試していました。

チッピングの結果はかなりよかったのですが、塗装につや消し塗料のタミヤアクリルフラットレッドを使ったのが仇となりました。

その後の油彩ウェザリングで錆のストレーキングがぼや~っとにじんでしまったのです。

ちょ~違和感ありますね。

光沢クリヤも吹いてみたものの、表面の小さな凹凸は消えることなく、塗料がこびり付くという結果になってしまいました。

しかも、ダークイエローの迷彩を吹いたつもりが、なぜかピンクっぽくなってしまっています。

これはエアブラシのカップにフラットレッドが残っていたためでしょう。

なんだか悔しい失敗ですね。本当はもっと黄色みを出すつもりだったのですが。

埃ウェザリング

つづいては埃ウェザリングです。

この車輛の活動想定はベルリンの市街地戦だったので、市街地戦なら泥はないだろうと考え、泥汚れは無しで、埃ウェザリングのみを行いました。

改めて見返してみれば、なんだかつまらない仕上がりに見えます。

市街地も意外と泥があったりするので、すこしドロドロ気味にしてみたり、埃汚れで済ませるならいっそのこと振り切って埃まみれの車輛にしたらもっと面白い作品になったでしょう。

エッジ表現

最後にエッジ表現です。

前作のキングタイガーヘンシェル砲塔で少し可能性を見出したバーントアンバーによるエッジのドライブラシを、今作はさらにレベルアップさせようと思い、積極的にエッジに施していきました。

当時は夢中でおこなっていましたが、今見ると、ちょっとやり過ぎ感があります。

砲塔上面の溶接痕周辺は特に、埃汚れとのコントラストを強調したくてきつめに入れていますが、やはりやり過ぎに見えます。

もっとピンポイントで施してあげればメリハリのついたよりよい仕上がりになったでしょう。

ただ、この技法を使うのは2度目だったので、実験と考えれば、いいデータが収集できたように思います。

総評

今作も、反省点が色々出てくる作品になりました。

ただ、実のところこの作品は、関西AFVの会用の作品、スーパーパーシングを早く作り始めねばと思い、完成を急いでいた部分がありました。

なので、少しの挑戦をしつつも、なるべく早く完成させるためにやらなかったこともありました。

結果、大きな失敗は無いにせよ大成功したわけでもない、微妙な立ち位置の作品になってしまいました。

今後はもっと余裕を持った製作スケジュールにしていきたいですね。

それでは今回はこの辺で。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。

また次回お会いしましょう。

最新の更新を
プッシュ通知で受け取りませんか?

RELATED POST