模型製作記

タミヤ 1/35 ”ソミュア S35(ドイツ軍仕様)” 製作記その5「塗装、チッピング」

こんにちは!S35製作記その5、今回は塗装、チッピングをしていきます。

下地塗装

初めに下地塗装をしました。

ガイアカラーのジャーマングレーとレッドブラウンを適当に混ぜてばばっと塗りました。

フランス戦車はドイツ戦車のような赤いプライマー色は使わなかったと思うので、サビた金属っぽい色にしました。

少し明るすぎるかもしれませんがこのままいきます。

ヘアースプレー、基本塗装

基本塗装の前に、下地にヘアースプレーを塗っておきます。

ヘアースプレーといえばコレ。ケープです。

以前は黄緑バージョン(ナチュラル)を使っていましたが、今はなんとなくこっちです。

これを全体に吹き付け、いよいよ基本塗装です。

使用したのはお馴染みタミヤアクリル。

これを適当に調色して水道水で1:1に希釈して塗っていきます。

塗りました。

白強めです。

ここからさらにもう一層塗装を重ねます。

またまたヘアースプレーを塗り、

同じくタミヤアクリルを水溶きで塗りました。

一層目より少し暗めに調色しています。

チッピング

それではここからチッピングです。

今回もヘアースプレー技法を使っていきます。

使っていく道具はこちら。

適当な筆三本。どれもコシが強いです。

一番下の筆は百均の筆の穂先をカットしたものです。

追加で、歯ブラシと爪楊枝に真鍮線を束ねたものを用意しました。

そして水。水道水です。

これらを使い、早速剥がしていきます。

まずは水を付けて適度に湿らし、

自作の真鍮ブラシでひっかき傷などを作り、

更に歯ブラシなどで擦り、ランダムかつ細かい傷を付けていきました。

面相筆などでサイズを調整しつつ、こんな感じに仕上がりました。

かなりいい感じです!

二層の基本塗装を行うことにより、剥がれかけの明るい色と金属の地色を出すことができました。

全体にも同様の工程を行っていきました。

砲塔後部ハッチは乗員が踏むので傷多めです

ポルシェティーガーの時は上手くいきませんでしたが、今回は素晴らしい結果になりました。

細かな部分の絶妙な剥がれ具合を表現するにはやはりこの技法が一番ですね。

まだまだ剥がし方には改良の余地がありますが、ヘアースプレー技法は本当に使える技法です。

それでは今回はこの辺で。

目次

  1. 「製作開始!」
  2. 「ドイツ軍仕様」
  3. 「本体完成」
  4. 「履帯の組み立て」
  5. 「塗装、チッピング」
  6. 「OVMの塗り分け、ウェザリング」
  7. 「ウェザリングその2」
  8. 「履帯の塗装、ウェザリング」
  9. 「仕上げ」
  10. 「完成!」

最新の更新を
プッシュ通知で受け取りませんか?

RELATED POST