模型製作記

タミヤ 1/35 ”ソミュア S35(ドイツ軍仕様)” 製作記その7「ウェザリングその2」

こんにちは!

ソミュアS35製作記その7、今回も引き続きウェザリングをしていきます。

埃ウェザリング

前回に引き続き埃ウェザリングを行い、最終的にこんな感じに仕上がりました。

ウェザリングカラーサンディウォッシュ、やっぱりいいですね~。

上手くメリハリのある埃表現ができたと思います。

足回りのウェザリング

続いて、足回りのウェザリングに移ります。

前回サンディウォッシュで作った下地の上に、ウェザリングペーストマッドホワイトを塗り重ねていきます。

更に白くなりました。

実車写真を見ると正にこんな感じの色になっていたりするので、リアルといえばリアルです。

しかし、これでは少し寂しいので、更にウェザリングペーストマッドブラウンを塗り重ねます。

こんな感じです。少し湿ったどろを表現しました。

が、ちょっとコントラストが強すぎるように見えたので、もう一回同じ工程を繰り返したいと思います。

更にマッドホワイトを塗り重ねますが、今度はリアルサンドを添加して、立体感のある泥を演出してみます。

べちょべちょと。

構造的に、履帯上部からの泥が全て流れ落ちてくるので、これくらいはあってもいいでしょう。

車体下部も盛ります。

後ろも盛ります。

意外とこういう部分も泥が沢山付くそうですね。

さて、それでは先ほどと同じようにマッドブラウンを塗り重ねます。

今度はリアルサンド無しで、普通に希釈して使います。

いい感じになりました。

1回目に比べると明暗のグラデーションができ、コントラストが落ち着いた感じがします。

泥の立体感がある部分を集中して暗くしています。

車体下部も同様に。

特殊な構造のおかげで色々苦戦している足回りですが、何とか納得いく形に出来てきて一安心です。

いよいよ完成像が見えつつありますが、ここからが本番というつもりで、気を引き締めていきます。

それでは今回はこの辺で。

目次

  1. 「製作開始!」
  2. 「ドイツ軍仕様」
  3. 「本体完成」
  4. 「履帯の組み立て」
  5. 「塗装、チッピング」
  6. 「OVMの塗り分け、ウェザリング」
  7. 「ウェザリングその2」
  8. 「履帯の塗装、ウェザリング」
  9. 「仕上げ」
  10. 「完成!」

最新の更新を
プッシュ通知で受け取りませんか?

RELATED POST