模型製作記

タミヤ 1/35 ”ソミュア S35(ドイツ軍仕様)” 製作記その8「履帯の塗装、ウェザリング」

こんにちは!

ソミュアS35製作記その8、今回は履帯の塗装、ウェザリングをしていきます。

塗装

メタル履帯といえば黒染めですが、最終的に泥ウェザリングをすれば変わらないんじゃないかと思い、今回は黒染め無しでいきます。

万が一ウェザリングが剥がれたりしたら困るので、一応塗装はしておきます。

使用したのはガイアカラーのレッドブラウン。

塗りました。

うっすらと金属の色が見えていますが、ウェザリングをすればわからないでしょう。

ウェザリング

それではウェザリングをしていきます。

使用していくのはウェザリングカラーマッドホワイトと、リアルサンドです。

始めに希釈したマッドホワイトを全体にベしゃべしゃと塗り付け、下地の色をある程度隠しておきました。

その上に、リアルサンドを添加したマッドホワイトを盛りつけていき、立体感のある泥を演出。

盛り盛りです。

これだけだと色味が寂しいので、今度はウェザリングペーストマッドブラウンを使い、暗めの泥も表現します。

希釈して、ランダムに塗っていき、溶剤を付けた筆でぼかしました。

こんな感じです。

余分に盛り上がっている泥を落とすのも兼ねて、スポンジやすりで接地面を削ります。

ギラギラ。いい感じです。

目が粗いものを使うともっとギラギラになりますが、今回は600番で抑えめにしました。

その上にウェザリングカラーグランドブラウンで隅を中心にピンウォッシュし、

泥汚れのコントラストをより強調しました。

装着すればほとんど隠れて見えなくなりますが、戦車の命ともいえる部分なのでしっかりこだわります。

仕上げにウェザリングペーストウェットクリヤーで湿った泥を表現します。

くぼんだ部分を中心に目立ち過ぎない程度に置いていきました。

ほんのり湿った感じが上手く出せました。

裏面も同じ工程で汚しました。

装着したらほとんど見えなくなるんだろうなーと思いつつ、一コマ一コマ丁寧に仕上げています。

それでは今回はこの辺で。

次回、履帯、本体の仕上げに入ります。

目次

  1. 「製作開始!」
  2. 「ドイツ軍仕様」
  3. 「本体完成」
  4. 「履帯の組み立て」
  5. 「塗装、チッピング」
  6. 「OVMの塗り分け、ウェザリング」
  7. 「ウェザリングその2」
  8. 「履帯の塗装、ウェザリング」
  9. 「仕上げ」
  10. 「完成!」

最新の更新を
プッシュ通知で受け取りませんか?

RELATED POST