模型反省会

模型反省会「タミヤ ”S35(ドイツ軍仕様)”」

こんにちは!

模型反省会、今回はソミュアS35(ドイツ軍仕様)を見ていきます。

じっくりこだわって仕上げた作品ですが、しっかり反省します。

塗装

この作品の塗装では、今回2度目の挑戦となる2層のヘアースプレー技法が成功したのをいいことに、基本塗装の色調は弄らずに進め、フィルタリングなども行いませんでした。

しかし、完成させてから見ると塗装の雰囲気がどこか寂しく感じられます。

これが数色の迷彩塗装や彩度の付いた塗装であれば仕上がりは違っていたかもしれませんが、今回の塗装は無彩色のジャーマングレー。

彩度の無い灰色の塗装は表情に乏しく、なんだか味気ない印象を受けました。

ジャーマングレーの塗装は難しいとよく言われますが、彩度の無いグレーならではの難しさを改めて感じました。

突き詰めればきりがなさそうですが、青色のフィルターをかけてみたりドッティングで表情を付けてみたりすればよりよい仕上がりに出来たかもしれません。

錆表現

錆表現は僕が大好きなウェザリング表現の一つで、あまり錆び付いた印象を持たせたくなかった今作でも目立たない程度ならいいアクセントになってくれるだろうと思い、錆表現も行うことにしました。

最終的な仕上がりを見ると、雰囲気はいいですが微妙に違和感のある仕上がりに思えます。

というのも、これまでの僕の錆表現はホコリウェザリングを乗せた後に行う最後の工程で、その習慣に習って今作でも錆表現は最後の仕上げとして行いました。

しかし、よくよく考えてみれば錆は下からにじみ出るものですが、ホコリは上から乗って来るもの。

あくまで錆は塗装の一部で、ホコリ汚れからくっきりと錆が浮き出ることは無いのではないでしょうか。

そのことに気づいたのが今作の完成後で、そう考えながら作品を見なおすとこの錆表現には多少の違和感があります。

今後はこの反省を踏まえて基本的には錆表現を下地として先に行い、その上からホコリ表現を行うという順番にしていこうと思います。

各工程を行う順番によって完成後の仕上がりに違いが出ることがありますが、これはその典型的な例と言えるでしょう。

有効な手法をただ用いるだけでなく、最終的な仕上がりを常に意識して何をどういう順番で行えばいいか、ということも考えていきたいですね。

ホコリ表現

今作ではそれまで練習、研究してきたウェザリングカラーサンディウォッシュでのホコリ表現の仕上がりをさらに向上させる思いでウェザリングに挑みました。

結果として、前作ポルシェティーガーを超えられる出来にすることができました。

しかし改めて見返すと、ドロドロの足回りのウェザリングに合わせてもう少しホコリ感を強くしても良かったでしょう。

また、サンディウォッシュのみでのホコリ表現は色味が単調で、ジャーマングレーの単色塗装と相まってなんとなくつまらない印象を受けます。

この状態からさらに明度を変えたり湿った表現を取り入れたりして、色味の方でも表現の幅を持たせていればもっと面白い仕上がりにすることが出来たのではないかなぁと思います。

泥ウェザリング

僕がこの作品を製作する上で一番悩ましい部分だったのが足回り、サイドスカートの泥ウェザリングでした。

広い装甲板はウェザリングにおいて難しい部分の一つですが、それが足回りと組み合わさればなおさら。

今回はそんなサイドスカートのウェザリングを色々と試行錯誤しつつも最終的にはなんとか手ごたえを感じる出来にすることができましたが、改めて見ると少しコントラストを付けすぎたかもしれません。

今回は乾いた明るい泥と湿った暗い泥を織り交ぜてコントラストを付け、見栄えの向上を図りましたが、もう少し中間色でのグラデーションを出し、柔らかな色合いにしてみても良かったでしょう。

言いだしたらきりがないですが、今作の反省から足回り、特にサイドスカートのウェザリングにはまだまだ研究の余地があることがわかりました。

今後もこういった他車ではあまり見られない特徴を持つ車両のウェザリングを練習して、どんどん表現の幅を広げていきたいですね。

フィギュア塗装

今作では今まで全く挑戦してこなかったフィギュア塗装にも挑戦しました。

色々と苦労はあったものの、なんとか車両に乗せることができて一安心でした。

しかし、出来の方はまだまだこれからといった感じで、特に顔の塗装はもっと勉強する必要がありそうです。

スケールモデルのフィギュアは小さいながらにとてつもなく存在感を放つもの。

今後も練習をして、車両に乗せてもしっかりと映えるフィギュアを作れるようになりたいですね。

総評

いかがだったでしょうか。

今回の反省を通してのこの作品の最終的な評価は、「練習の成果が出つつも、新たな課題が見つかった作品」となりました。

今までの作品を通して練習してきたホコリ、錆ウェザリングなどは単体で見れば今までで一番とも言えるくらいの仕上がりにすることができましたが、さらに上手くできる部分があることに気付いたのも事実です。

また、新たに挑戦したフィギュア塗装やサイドスカートの泥ウェザリングなどはこれから色々と勉強、練習する必要があることもわかりました。

上達の道はまだまだ長そうです。

最後に

自分の作品の反省をするというのはあまり気分のいいものでは無いように思われるかもしれませんが、失敗を反省してこそ自分の持つ技術を次のステップに進めてくれると僕は考えます。

反省点を見つけ、次に活かす糧とすることができれば、たとえ完全な失敗作だったとしても大切な経験として吸収することができるでしょう。

そういった考えを持っていると、上達の過程が一種のゲームのようにも感じてきます。

今後も、失敗を反省しつつその過程を楽しみ、技術をどんどんレベルアップさせていきたいですね。

それでは今回はこの辺で。

最後まで閲覧していただきありがとうございました。

また次回お会いしましょう。


最新の更新を
プッシュ通知で受け取りませんか?

RELATED POST