模型製作記

アミュージングホビー 1/35 “ティーガー(p)” 製作記その6「砲塔の組み立て」

こんにちは!ポルシェティーガー製作記、パート6になります。

今回は砲塔を組み立てていきます。いよいよ完成も近づいてきていますね。

全体の組み立て

砲塔装甲は一体成形、ワンパーツで構成されています。

若干ヒケ、ズレがありますが、きちんと表面処理をしてあげれば問題のないレベルです。

キューポラも一体成型。

今までの製品ではスライド金型をあまり積極的に使ってこなかった印象が強いですが、今回、かなり気合入ってますね。

おなじみのモヒカン砲塔に。

生産型と違ってちょっとダサいな~と思っていたのですが、実物を目にすると特になんとも思わないですね。

鯛は腐っても鯛、というのは言い過ぎかもですが、そんな感じです。

後部の特徴的なディティールもしっかりと再現。

ただ、少し隙間ができる部分があったのでパテで埋めました。

なお、ゲペックカステンは装着しません。

ゲペックカステンが無い虎ってちょっと見た目が面白いんですよね。

砲身

今回、砲身はRBモデルズ製の金属砲身を使います。

別にキットの砲身がダメだから、というわけではなく、偶然買ってあったからです。

砲身が入るようにリューターで調節し、

スチャっと装着。

整形する必要が無いので簡単でいいですね。

マズルブレーキのねじ切りが再現されているのもポイントです。

RBモデルズの金属砲身はマズルブレーキにもかなり力が入っています。

キラーン 

実車同様にクルクル回して装着します。これ、結構楽しいですよ。

砲塔完成

砲塔、組み立て終わりです。サクッと完成しましたね。

虎の砲塔はいつ見てもカッコいいもんです。

合体

それでは車体と合体です。

バチーンとはめ込みました。

虎だけど虎っぽくない、そんな感じで面白いですね。

それでは今回はこの辺で。

次回は履帯の組み立てをしていきます。

目次

  1. 「製作開始!」
  2. 「車体の組み立て」
  3. 「車体の組み立て2」
  4. 「OVMの組み立て」
  5. 「車体完成」
  6. 「砲塔の組み立て」
  7. 「履帯の組み立て」
  8. 「組み立て完了」
  9. 「塗装」
  10. 「チッピング」
  11. 「OVMの塗り分け、スミ入れ」
  12. 「履帯の黒染め、塗装」
  13. 「車体のウェザリング」
  14. 「完成!」

最新の更新を
プッシュ通知で受け取りませんか?

RELATED POST