模型製作記

ウェザリングカラーで戦車を塗装!ソ連戦車を渋いグリーンで染めてみよう

ウェザリングカラー、フィルタリキッドの可能性を模索するべく、今回はまた戦車を塗装してみることにします。

今回使用するキットはタミヤの新作、ヨンパチT-34-85。

圧倒的低価格に加え、組み立てもサクッと済ませられるので、実験に使うには最適なシリーズですね。

組み立て、そして下地塗装が終わった段階です。

今回はタミヤアクリルのホワイトをエアブラシ塗装しました。

この後ウェザリングカラーをよく染み込ませるためにつや消しクリヤーも塗装しましたが、最初からフラットホワイトを塗ればよかったです。

今回塗装に使用する塗料は、ウェザリングカラーシェイドブラウンフェイスグリーン

グリーンを基本としつつ、茶色を混ぜて渋い色合いを演出していきます。

ウェザリングカラーのラインナップもかなり充実してきたので、組み合わせれば本当に色んな色が作れてしまいそうですね。

3回ほど塗り重ねた状態です。

下地はホワイトでスタートしましたが、塗り重ねてしまえばほとんど消えてしまいますね。

むしろ、塗り重ねることで濃淡を出しやすくなるので、下地の塗装はホワイトで丁度いいかもしれません。

転輪のゴム部などの塗り分けもしておきました。

ソ連戦車の渋いグリーンをいい感じに再現できたのではないでしょうか。

砲塔側面にカラーモジュレーション的な表現をしてみましたが、中々効いています。

今回はややムラが目立つ仕上がりになってしまいましたが、ここからウェザリングを施していくことを考えれば、多少の粗はごまかせるでしょう。

僕の個人的な考えですが、作品の完成を100%とすれば、この塗装を終えた段階はまだ50%くらいという状態です。

仕上げ段階で、また現在のイメージからはガラッと離れた作品に変わっていくでしょう。

ホワイト立ち上げからのビフォーアフター。

見事に色が変わっているのが一目瞭然です。

じっくりと塗り重ねれば、確実に理想の色味を表現することができる塗料と言えるでしょう。

工夫次第で、ハイライト塗装やカラーモジュレーション塗装なども容易に表現できる可能性があります。

T-34-85編はここまで。

この作品は前回のチャーチルと共に、後日ウェザリングなども行う予定です。

ウェザリングカラーの新たな可能性に胸が高鳴ります。まだまだやってみたいことが沢山。

ウェザリングカラーを既にお持ちの方も、そうでない方も、ぜひお試しください。

RELATED POST