模型製作記

ワールドウォートゥーンズの「シャーマンファイアフライ」をファレホで全塗装してみる!その2【完成編】

こんにちは!

ワールドウォートゥーンズのファイアフライをファレホで全塗装してみる、ということで前回は組み立てから塗装の途中まで進めて行きました。

今回は塗装の続きからデカール貼り、そして完成まで進めて行きます。

息抜きとしてささーっと完成させるのが目標でしたが、ちょっとだけ新たな試みに挑戦します。

前回

前回までの状態。

2色の塗装を施して、微妙に淡い、深みのある塗装にすることができました。

今回は、ここからさらに塗装に手を加えて行きます。

ハイライトその1

ファレホのジャーマンタンククルー1にホワイトを混ぜてハイライト色を作り、エッジを中心にちょこちょこと塗っていきます。

曲面は難しいところですが、光の当たり方を考えてそれっぽく塗ります。

こんな感じになりました。

砲塔や主砲は丸みを帯びているので結構大胆にハイライトを入れてみましたが、どうでしょうか。

良いか悪いかはさておき、これだけでも印象がガラッと変わり、存在感が出てきましたね。

ハイライトその2

続けてハイライトを入れたところに、さらにファレホのホワイトでよりキツめのハイライトを入れます。

エッジがかなり強調されるので、印象がかっちりし過ぎない様に慎重に慎重に。

そんなこんなでハイライト2色目まで終わり、塗装はこんな感じに仕上がりました。

ハイライト1色目を塗っている時点では仕上がりがちょっと不安でしたが、最後まで塗ってみると案外狙い通りの雰囲気になって一安心です。

ここまでの工程を最初から並べてみると、

こんな感じです。

元々大分コミカルな雰囲気だったのが、塗装によってさらに強調されて見えるようになりました。

僕のイメージ通りの塗装にできて満足です。

重ね塗りもできるファレホのお陰で、塗料が溶けたりすることもなくスムーズに進めることができました。

また前回も言いましたが、臭いがほとんどしないので、その点でも快適でした。

部分塗装

仕上げの部分塗装もファレホを使って行いました。

このファイアフライ、積荷やOVMが結構あるのできちんと塗り分けてあげると良いアクセントになります。

他のWWTシリーズの車両と比べても賑やかな見た目をしていますね。

また数が増えてきたら並べてみたいです。

光沢クリヤー

ここで、塗膜の保護とデカールを貼る下準備の為に光沢クリヤーを吹きました。

光沢仕上げにした途端、ディテールの大雑把さも相まって、なんだか陶器の置物みたいな印象になりました。

デカール

ここでマーキングデカールを貼ります。

光沢仕上げにしたのも影響しているかもしれませんが、デカールの品質が中々良かったのでしっかり貼りついてくれました。

小さいデカールが多く、結構色んな部分に貼ります。

車体後部にも貼り、デカール貼りは完了です。

このキット、組み立てには接着剤いらずで見た目もかわいい、ということでザ・初心者向けのキットだなと思っていましたが、細かいパーツもあったり、マーキングもシールではなく水転写式デカールだったりと、本当に初心者向けかな?と感じる部分もあります。

模型に慣れていない子供でもある程度形になるようにしつつ、ベテランの大人が作っても楽しいキットを目指しているような印象です。

完成!

最後の仕上げに、ウェザリングカラーグランドブラウンでささっとスミ入れして完成です!

コロッとしていてかわいいですね~。

塗装もそれなりに工夫したので、なんだか愛着が湧きました。

他にも色々と面白いキットを出しているワールドウォートゥーンズシリーズ、サクッと作れるのでまた息抜きがてら作ってみようと思います。

それでは今回はこの辺で。

最後まで閲覧していただきありがとうございます。

また次回お会いしましょう。

WWT シャーマンファイアフライ製作記

  1. 「ファレホでの全塗装その1」
  2. 「ファレホでの全塗装その2(完成!)」

RELATED POST